考えると意外と短い子供との時間は貴重ですよ!

子どもと一緒の時間ってどれくらい?

自分が親として子供と一緒にいる時間ってどれくらいなのでしょう?平均寿命が80歳と言われる今の時代に通常であれば、子供と一緒に屋根の下で過ごす時間は、20年ぐらいでしょうか?ではその20年のうち本当に子どもとして一緒に暮らしているという充実感があるのは何歳ぐらいまででしょうか?高校生ぐらいまでだと思います。自分の人生のうち子供がそばにいる時間・年数は非常に短いものです。毎日の過ごす時間を大切にしたいと思う気持ちが強くなりますね。

小学校に入学したら・・・。

子どもが小学校に入学すると、子供との過ごす時間は約3分の1は、過ぎています。早く感じますね。小学校4年・5年になると半分は終了です。こう考えると子供との時間って非常に短く感じませんか?だから子供と過ごす時間は、人生において非常に大切で貴重な時間に変わってきます。その時、その場でしかできないことを毎日考えて過ごすことが親として大切な時間となってきます。仕事をしている方でも毎日、子供の顔を見るだけでも大切な時間です。

毎日の時間を大切に!

子どもの成長とともに時間は過ぎてきます。そしてあっという間に子供とのお別れがきます。早い方であれば、高校入学で寮生活に入る可能性もあります。多いのは、大学の入学時で、年齢的には18歳でしょうか。親にとっての18年間は、子供の成長とともにすぎるためにあっという間です。気づくと過ぎています。時間は大切に、なによりも貴重なものと考えて子供との時間を過ごすことが大切です。人生はお互いに一度きりなので後戻りできませんよね。

主婦のパートでも福利厚生が充実しているところがあり、有給休暇や介護休暇が取得しやすい環境のパートがあります。