知っておきたい!介護保険を使ったサービス

介護保険を使った「住宅改修」とは?

住み慣れた自宅で介護を受けたいと望んでも、住環境の面で不安になる人もいるでしょう。介護保険を使った「住宅改修」を知っておくといいですね。「住宅改修」は、手すりの取り付け等の工事を行う場合、その費用の一部を支給するサービスなんですよ。対象工事の内容は、手すりの取り付け、段差の解消、滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更、引き戸等への扉の取り替え、洋式便座等への便器の取り替えなどになりますね。

「福祉用具の貸与」とは?

「福祉用具の貸与」とは、車いすや電動ベッドなど、日常の動作上の自立を支援するために必要な用具の貸与を受ける場合に、その費用の一部を支給するサービスなんですよ。また、浴室やトイレで使う用具等、貸与になじまないものを購入する場合に、費用の一部を支給するというのが「福祉用具購入」のサービスなんですよね。これらのサービスを利用するためには、ケアマネジャーや、取り扱い業者の協力が不可欠になってくるんですね。

サービス利用のための注意点!

介護保険を使ったサービスでは、工事の内容や福祉用具の種類によっては費用が支給されない場合もありますから、事前にケアマネジャーや取り扱い業者に相談して、最適なサービスの使い方を検討するとよいでしょう。「住宅改修」の対象となるのは、要支援・要介護者が実際に居住して、介護保険者証に記載されている住所の住宅になるんですよね。住宅改修費の支給には、必ず事前の申請・審査が必要になりますので、注意が必要ですよ。

介護の派遣業務では、入浴介助、食事介助、排泄介助などの身体介護がありますが、未経験者でも対応できます。